バレー好きkyouのバレー応援(自己満)ブログ。女子バレー&復活した高橋みゆき選手を応援!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
kyou
  • kyou
  • バレー観戦、シンさん好き(*´Д`)のなんちゃって看護師です。

    当方、バレーについては素人のため、勉強中です。
    いつか自分でもプレーしたいと思っていますが、なかなか実行に移せず…(==;

    一時閉鎖しておりましたが、シンさん復活に伴い、
    ブログも復活しました(´∀`;)
    今後もよろしくお願いします。

    mixiやってます!
    ブログ休止中の観戦画像あります!

    mixiニックネーム「オカミ」
    mixiキーワード「猫女将」で探してください。
  • ツイッターもやってます!

  • RSS1.0
LINKS
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

このページの先頭へ
ラジオ公開生放送2
M「えー今日は一個、テーマ持ってやっていきますー。『BLUE』なんですけども、どっちかって言うとユニフォーム赤の方面が多かったですけども、選手だった高橋さんは。ブルーって言ったら何を思い浮かべますか?」
シン「ブルー?…青は、なんか海とか空とかなので、結構海とかもすごい好きで、あのなんか小っちゃいことでクヨクヨ悩んでたりしてるときに、こう海とか空とか見てると、やっぱ…でかいじゃないですか、海とか空とか。そういう自分の悩みとかがすごく小っちゃいものだったんだなって感じがすごくするので、そういう意味で海っていうのは思います。」
M「うーん…なんかやっぱ海外行ったときとかに悩みました?」
シン「海外行ったときは悩んでないですねー(きっぱり)」
M「あーそう!?」
シン「海外、大好き…大好きって言うか、イタリアに行ってたんで、イタリアはすごい良かったので、あんまり悩むことはなかったですね。」
M「へえー、どっちかって言うと国内?」
シン「(多分苦笑い)ふふふっ…」
F「笑」
M「あーそう、そっかー…w」
シン「あはははは(笑」
M「海に行って叫んだりしますか?」
シン「海に行く時間がなかったので、国内にいるときはー」
M「そうですよね。」
シン「なんで、こう海に行く前に、部屋で叫んでたりとかw」
M「ほんと!?w」
一同爆笑。


※ここで1曲。あゆの新曲。シンさんのリクエストではない模様。

※※この後、リスナーからの質問でシンの由来について聞かれる。
   先輩にみゆきがいたから、心技体からなどの理由。既出ですね。
※※もう一つ質問。イタリアじゃ声かけられた?に対し、イタリアの男性は積極的と。
   でも何もなく皆でご飯食べに行くとか海行く程度だった。これも既出。

イタリア話からの続き。

F「でも、絶対モテたでしょうね?w」
シン「そんなこともないですけど…、なんかイタリアで、漫画のキャラクターみたいなのを言われて。」
F「へー、そうなんですか?」
シン「なんか、喜怒哀楽が激しくて、ずっと笑ってばっかりいるから。」
M「なに?なんですか?わからない?」
シン「わからない…。なんか漫画のキャラクターに出てくる人みたい。とか言われて。」
M「へー。でも確かにイッタリアはいい男だね。」
シン「笑。でも、いろいろな人いますからね、イタリアって言っても。」
M「でも、日本と比べてですよ?確かにコレだけの名前ある方だから、町ぷらぷら歩いてないでしょうけど、イメージでいいんですけど、日本よりはやっぱり声をかける感じはあります?」
シン「いや、ほんとに挨拶程度なんで」
M「挨拶程度だけども、キスしてくる感じはあります?」
シン「チャオ!って言って、ハグして、バイバイみたいな、そんな感じ…」
二人「ふーん、へえー(感心)」
M「日本にはないですよね?w」
F「日本には…w」
シン「ふふふっ、日本はハグは…w」
※DJ二人おふざけ?よく聞こえませんですた。でも、シンさん笑ってましたー。

F「はい、じゃ。次―。○○市の○○さんからいただきましたー。『全日本バレーボールのムードメーカー的存在の高橋さん。プレーの時は僕はいっつも高橋さんを見ていました(照)。そこで高橋さんに質問なんですが、他のアタッカーの方から比べると身長はやはり高くはないですよね?それでもあれほどのアタックが打てるのはすごいです。垂直とび、何センチ飛べるんですか?』」
シン「ええっ?垂直とびとかよくわかんないんですけど、あたし皆に比べたらそんなに飛ばない方なんですけど、すごい飛んだとしても、世界ってもっと高くて、やっぱ2mとかそんな人がごろごろいるんで…、それよりやっぱり技術を磨かないとだめだなと思ったので、飛ぶっていうことよりも、技でどうするかっていう方に、の方向で行ってたんで…ジャンプってあまりしてない感じがするんですけど…」
F「亜qwsでrftgyふじこlp;@:(何話してるか良く聞き取れず)」
とにかく、一同爆笑。
M「すいません、技術的な話して申し訳ないんですけど、その技って言うのは、たとえば打つタイミングだったり、手の角度だったり?」
シン「もう全てそういうのなんですけども、感覚です。説明ができないんで、ほんと感覚でやってるんで。でもやっぱりすごいこう、技術を得るために練習もやっぱりやらなきゃなって…その中でどんどん自分の感覚をつかんでいくっていう感じなので…、人に『どうやって打つの?どうやってやるの?』って聞かれるんですけど、説明の仕様がわからないっていうか、感覚なんで、こうやってこうやってって言うことはできないので、結構困ります。」
二人「あっははははは。なるほどw」
※このあたり、男DJがなんか言ってるんですがよく聞き取れません。でもシンさん爆笑。
M「今日はバレーボール部の子なんかが見に来てますけど、そういうもんなんですね、やっぱり教えるのなんかは難しい?」
シン「そうですね、やっぱり…うーん…」
F「難しいんですねー」
M「今はあqwせdfghjkl;:…?(聞こえない)」
シン「そうですね、どういう練習をするのかっていうのは別にこういうのだよっていうのは、まあ人それぞれあると思うんですけど…」
M「…ご自身で学ぶしかないってことですね。」
シン「はい。そうですね。」

F「じゃ、もう一枚、最後に。『〇〇区の○○さんからいただきました。私は全日本での活躍やイタリアでのプレーをTVや雑誌などで拝見し、すばらしいアスリートだと思っておりました。今後はコーチなどでバレーに携わっていく予定などはありますか?』」
M「おおー」
シン「コーチっていうのはあんまり考えたことはないんですけど、でもやっぱり自分が今まで、あの6歳のことからバレーやってるんですけど、ずっとバレーしかしてないって言ったらおかしいですけど、バレー中心の生活をしてきたので、やっぱりそれを生かしていきたいなっていうのもあるんで、まあ今は、あの、小さい子どもとか小学生とかにバレー教室とかで教える機会があればいいなと思ってるんで、そういうのはどんどんやっていきたいなって思ってます。」
M「うーん……最後は高橋ジャパン?」
シン「…っ!?、うはははははっw」
F「ふふふふふっw」
M「高橋ジャパンですよね?……高橋ジャパンどうなんですか!?wめっちゃ怖いんですかね?w」
シン「いややや、日本崩壊します!w」←「怖い」にはスルー
M「いややや、そんなことないでしょう!w高橋ジャパン、みんな笑顔でいいじゃないですか?wみんな笑顔で行こう!!↑(手たたく)」
F「みんな元気で!元気チームw」
シン「あっはははははw」
M「なんかいいあzsxdcfじゃないですかね?高橋ジャパン。待ってますから。」
シン「いやー…w」
M「まあ、結構先かもしれませんけどね。よろしくお願いしますw」
シン「はいw はいってww」
2人「あはははははw」

M「まあ、他いろいろいただいてるんですが、あのほら、思いっきり夏休み期間じゃないですか?で、コレ聞いてる例えばこれから合宿ある、バレーボール頑張ってる学生さんに、なんかこう将来のニッポンの元気印になるために…、コレ聞いてる方々からジャパンが生まれると思うんです。だからこうアドバイスというか、メッセージをいただければ嬉しいんですけれども。」
シン「うーん、まあ、やっぱり、練習とかって私も嫌いだし、あの、きつくて、すごい苦しいんですけど、やっぱりちょっとしたことができるようになる喜びって、やっぱり絶対あると思うので、そういうのを糧にどんどん頑張ってほしいなっていうのもあるし、あとやっぱり一番は、こう、誰かに「やれ!」って言われてやるんじゃなくて、自分からこうどんどん取り組んでってほしいし、やっぱり楽しんでバレーボールやって欲しいなっていうのは、思ってるんで、頑張って欲しいと思います。」
二人「はい。」
M「えー、今聞いてるほんとに小っちゃい子」
F「ね、だってバレーが大好きなキッズたち多いですからね。」
M「いっぱいいますよ。最終的には、高橋ジャパンの元に来るんだよ?」
シン「あはははっw」
F「そう!最後は!うん!」
M「えー、詳しくは”takahashijapan.com”ですね?w」
シン「ははははははははっw」
F「あ、高橋さん、ブログをやってらっしゃって、あの、「金のパック」にビックリw」
M「金のパック!?」
F「ちょっと色々面白いなあと思ってw」
シン「はははははははははっw」←ここまでずっと笑ってる
M「金のパック!??」
F「はい、それも是非ご覧下さい。」
M「は!?金盛ってますね!結構!!w」←多分ブログ見ながらしゃべってる
F「ねえ、あれは、どこなんだ!?って思って。」
M「まあ、それはね、”takahashijapan.com”のところに。w」
F「そう、公式ブログ。ご覧なってください。」

M「はい。えー……サインいただけ、ないでしょうか?w」
F「最後。是非w」
シン「ふふふふふっwはい、大丈夫です。全然、はいw」
F「ありがとうございます!」
M「そうしたらですね、あ、はい、今、うちの番組のステッカーなんですけども、じゃこれに、3名様に。ここでね、何十枚、何百枚って大変でしょ?(放送を見ていたお客が手を上げた模様)…って、ハイって?」
F「みんな、手上げてるw」
M「3名様に、見せてあげるっていう…うはははははっw」
M「あー…ん?なんか間違えた?」
F「大丈夫ですか?」

シン「あ、間違えて、この割れる方に書いちゃったw」(多分裏紙に書いた?)

M「あ゛――――――っ!!Nooooooooooooooo!!」←マジでこんな感じ

(この間何言ってるかよくわからん。でもシンさん笑ってら。)
F「代表していただいて(?)、すいません。」(イミフ
M「あ゛――――――っ!!」←まだ言ってる。
シン「ふふふふふっw」
M「書いていただいて、後ほど、3名様にプレゼントということになります。」

※この後、また来てね?な感じ。シンさん承諾。ありがとうございましたー!で終了ですた。


すいません。長くなった(汗。見づらいですか…だいじょぶ?見れた?
良く見たら後半、聞き取れないところばっかですね。アラヤダ。
まあ、雰囲気だけでも味わってください(当初の趣旨と異なるのは気にしない)。

ていうか、高橋JAPAN、見てみたいとは思いましたが、シンさんは監督向きじゃない気が…(ゴメン)
なんかあんまイメージつかないなあ。
やっぱプレイヤーでしょう?そうでしょう?
(==+

今度は昨日のすぽるとでも気が向いたら上げます(できるだけ早くね^^;)。
あと50分でWGP放送だー。準備しないと。ではまたー。
関連記事

人気ブログランキングへ

【2009/08/14 20:08】 シンさん追っかけ。 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

このページの先頭へ
<<遅ればせながらすぽると。 | BLOG TOP | ラジオ公開生放送1>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://moderatelife55.blog20.fc2.com/tb.php/293-52f2e9e9


このページの先頭へ

RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。